1. トップ
  2. 豊崎タウンとは?
  3. 住みよい街を目指して

豊崎タウンとは?

住みよい街を目指して
明日を見据えた街づくり。

総面積160ヘクタールという壮大なスケールの豊崎タウンは、
住・職・遊・自然環境のすべたがバランスのとれた” 21世紀型の街” を実現するために、
街並み形成のためのガイドライン(地区計画)を導入しています。
地区計画とは、バランスをとりながらも個性を感じられるような街並み形成と
身近な生活空間における良好な環境の形成・保全を図るために、
建物の用途や高さ、容積率、意匠の制限等、街づくりのためのルールとなるものです。

地区計画の概要

地区計画とは、身近な生活空間における良好な環境の形成・保全を図るために、建物の用途や高さ、容積率、意匠の制限等、地区独自の街づくりのルールとなるものです。

地区計画図

地区計画図

ゾーンプランニング

用地名称・コンセプト

観光関連用地

海(ビーチ・夕陽・マリンレジャー)とショッピング・宿泊機能等を活かした多機能型の観光関連エリア

誘致対象機能

ホテル
商業施設
開放(見学・体験)型
特産品製造工場
その他観光関連施設

ゾーンの概要

ビーチに隣接する立地を活かし、ホテルや商業施設を集積させる。また、市道292号線沿いは、海へ向かう賑わいのある通りを演出する。

事業所用地

優れた自然環境、良好な交通アクセスが魅力的な事業所エリア

事業所
商業施設
交通拠点機能施設

海と隣接する自然環境、空港、那覇市街地と連結する国道331号豊見城道路の利便性を活かした「職」空間を創造する。
市街地等からの移転再配置する企業や豊見城市並びに沖縄県の経済・産業振興に大きな寄与をもたらすことが想定できる企業の立地を誘導する。
利用者の利便性を高める交通拠点機能施設の誘致を図る。また、市道292号線沿いは、海へ向かう賑わいのある通りを演出する。

製造・物流用地

良好な交通アクセスを活かした豊見城市の”ものづくり”エリア

製造・生産施設
物流施設

那覇空港や那覇港へのアクセスの良さを活かして、製造拠点や物流拠点の整備を図る。
事業諸用地を同様に市街地等からの移転再配置する企業や豊見城市並びに沖縄県の経済・産業振興に大きな寄与をもたらすことが想定できる企業の立地を誘導する。
なお、観光関連用地と接する準工業地域エリアについては、前面の観光関連用地と調和のとれた業種の立地を誘導する。

商業施設用地

豊崎タウン及び周辺地域のサービス核となるショッピングエリア

商業施設

豊崎タウンの居住者及び立地企業の従業員並びに周辺市町村を商圏とする商業施設の立地を誘導し、魅力のあるショッピング街を創出する。

住宅用地

調和のとれた街並みと、安全で安心できる閑静な住宅エリア

低層住宅
沿道型住宅
集合住宅
小規模店舗等

周辺環境と調和した良好な住環境を形成し、ゆとりある室の高い住宅用地を提供する。また、住宅地の利便性の確保を図るため、一部小規模店舗等の立地を図る。

国・県の優遇・助成制度

産業高度化地域制度
  • 投資税額控除制度
  • 不動産取得税一部課税免除
  • 特別償却制度
  • 固定資産税一部課税免除
  • 事業税一部課税免除
観光振興地域制度
  • 投資税額控除制度
  • 不動産取得税一部課税免除
  • 事業税一部課税免除
  • 固定資産税一部課税免除
情報通信産業振興地域制度
  • 投資税額控除制度
  • 固定資産税一部課税免除
  • 事業税・不動産取得税一部課税免除

地区計画の目標

地区計画によるまちのイメージ

商・工業、流通業等の業務機能の発展、並びに健全な商業業務地としての誘導と商業の利便性の向上を図ります。
また、敷地の狭小化による建築物の過密化、用途の混在による住環境の悪化などの防止を行うことで適正かつ合理的な 土地利用を図り、沖縄県の気候・風土に配慮した、良好な都市環境を形成・維持することを目標とします。

土地利用の方針

地区を低層専用住宅地区、沿道住宅地区、集合住宅地区(1)、集合住宅地区(2)、センター地区、商業核地区、業務核地区(1)、業務核地区(2)、 工業地区の9地区に細区分し、それぞれの地区の方針に沿った適正な土地利用を誘導するとともに、各種用途の調和のとれた複合市街地の形成を図ります。

その他の方針

1緑化に関する方針
うるおいのある環境に配慮した街並が形成されるよう、敷地内の積極的な緑化に努め、また、樹種の選定についても、 豊崎の気候・風土に配慮したものとします。
2駐車場等の整備に関する方針
(1)一定規模以上の駐車場に関しては、特に景観に配慮して駐車場内及び周辺の緑化に努めるものとします。
(2)上記以外の駐車場については、周辺へ圧迫感を与えないように配慮するものとします。
3防音に関する方針
航空機の騒音が予想されるため、住宅等の用に供する建築物に関しては、防音上有効な構造とするよう努めるものとします。
建築物等に関する制限
※下記の画像をごらんください。

建築物等に関する制限

建築物等に関する制限


TOP